内臓脂肪を減らしてくれる食べ物

ダイエットを考える方であればほとんどの人がなんとかしたいと思う内臓脂肪。

同じ脂肪でも皮下脂肪に比べて体に溜まりやすく落ちやすいというのが内臓脂肪の特徴です。

 

体に脂肪がたまってしまう最大の原因はやはり口にする食べ物や飲み物ですので、普段食べる物と飲む物にちょっと気をつけるだけでも内臓脂肪を減らして痩せることは可能です。

そこで今回は食べて痩せるための内臓脂肪を減らす食べ物についてご紹介します。

 

内臓脂肪がつきやすくて落ちやすい理由は?

まずはじめに内臓脂肪がつく理由についてです。

内臓脂肪というと体にある内臓のすべてについていることをイメージする方も少なくないかもしれませんが、実際はすべての内臓につくわけではなく、腸を固定するための腸間膜という膜や肝臓などにつきます。

お腹は胸と違って肋骨のような骨に守られていないので無防備な状態です。そのためお腹に脂肪をためることで外からの衝撃を和らげます。そのうえ骨に覆われていない分、お腹は脂肪が溜まりやすい場所でもあるというわけです。

 

私たちの体は口にする食べ物や飲み物の影響を大きく受けています。

1日に必要な分の摂取カロリーを超えた食事をすれば、余ったカロリーは脂肪に変わってみるみる体にたまってしまいます。お腹は脂肪がたまりやすい場所ですからその多くが内臓脂肪として蓄えられるわけです。

 

しかし!内臓脂肪には付きやすい反面、落としやすいという特徴もあります。というのも、私たちが空腹状態になったり運動をした時、最初に使われる脂肪が内臓脂肪だからです。

内臓脂肪をエネルギーとして使ってから次に皮下脂肪を使うというわけですね。

ですので内臓脂肪は普段の生活で真っ先にエネルギーとして消費されるので、それでももっと内臓脂肪を減らしたいということであれば、まずは食習慣を変えて内臓脂肪をためないようにすることが大切です。

 

内臓脂肪を減らす食べ物

1.キャベツ

キャベツといえば食物繊維!食物繊維は一緒に食事したものの脂肪を吸着して体の外へ排出させるため、体に脂肪をたまりにくくする効果があります。

また、キャベツの食物繊維は不溶性の食物繊維ですので、体の中に入ると胃や腸で水分を吸収して何倍にも膨れ上がり、満腹感を感じやすくなります。満腹感を感じやすくなれば自然と食事量が減るので、食事による摂取カロリーが少なくなります。

このようにキャベツを食べることで食物繊維を摂れば、脂肪をたまりにくくしながら摂取カロリーが抑えられるため、内臓脂肪を減らすのにキャベツはとても効果的です。

キャベツ以外に食物繊維を豊富に含む食材としてはごぼうやほうれん草、大根の葉などがあります。

2.青魚

イワシやサバ、アジなどの青魚にはEPAといわれる成分が豊富に含まれていて、不和脂肪酸とも呼ばれています。

EPAは血液をドロドロにして流れを悪くしてしまう中性脂肪やコレステロールを抑え、血液をサラサラにして血行を良くする働きがあります。

さらに血管を柔らかくする効果も兼ね備えていますので、体の隅々まで血液が届けられるようになります。血行が良くなって体の隅々に血液が届けば体温が上がって代謝も上がります。

すると体にたまった内臓脂肪も燃えやすくなりますし、食事で摂った脂肪もすぐエネルギーに変わって体にたまりにくくなるというわけです。

3.豚肉

ダイエット中はお肉を控えようとする方も少なくないようですが、実は豚肉には内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

豚肉はL-カルニチン、ビタミンB群、アラキドン酸などの成分を含んでおり、L-カルニチンには代謝を上げて脂肪を燃やす効果があります。

ビタミンB群は脂肪を燃やすために必要なビタミンとされており、アラキドン酸は「幸せのホルモン」と呼ばれるホルモンで、脳を刺激して満腹感を感じやすくさせる効果があります。

4.寒天

寒天は低カロリー食品として有名で、100g摂取してもわずか3kcalとカロリーがほぼ無いに等しいくらいです。

そして寒天はキャベツと同じように食物繊維を豊富に含んでいるため、寒天を食べればお腹の中で食物繊維が膨らんで満腹感を感じやすくなります。

食事量を抑えて内臓脂肪がたまりにくくするためには、食事をする10分くらい前に寒天を食べるのはオススメです。

5.トマト

トマトに含まれる代表的な成分として有名なリコピンは、血糖値を下げて血液中の中性脂肪やコレステロールを抑え血液をサラサラにする効果があり、血糖値が下がれば食事をした時に体に脂肪がたまりにくくなります。

そして血液がサラサラになれば、青魚から得られる効果と同じように全身の血行が良くなって代謝が上がり、体にたまった脂肪や食事で入ってきた脂肪が燃えやすくなります。

トマトに含まれるリコピンは内臓脂肪を溜めにくくしつつさらに減らしやすくもしてくれるので、ダイエット中にかかわらず積極的に食べたいところです。

6.豆腐

豆腐に豊富に含まれている大豆タンパク質の中にはβコングリシニンという成分があり、血液中の中性脂肪とコレステロールを抑える働きや血液をサラサラにさせる効果があります。

代謝が上がって脂肪が付きにくくなるうえ、体にたまった内臓脂肪が燃えやすくなるというわけです。

豆腐に限らずおからや味噌、きなこといった大豆製品を食べることでも大豆タンパク質を摂ることができます。

7.オレンジ

これはあまり聞き慣れないかもしれませんが、オレンジには「イシトール」という成分が含まれており、肝臓にたまった脂肪を洗い流す効果があるといわれています。

肝硬変や肝臓がんの原因にもなり得る脂肪肝を予防するためにも効果的なイシトールは、現在では肝硬変の治療薬としても注目が集まっているほどです。

さらに、肝臓に限らずお腹に脂肪がたまらないようにする効果や、血液中のコレステロールを抑える働き、血液をサラサラにして代謝を上げる働きも期待できるという優れもの!

ちなみに1日にオレンジを2個食べると、その日必要な量のイシトールを摂取できるとされています。毎日オレンジを2個食べるというとしんどいかもしれませんが、オレンジジュースにすれば簡単に必要な分のイシトールを摂ることができるのでオススメです。

 

 

いかがでしょうか?

もちろんこれらの食材を摂り入れたからといって過度に食べ過ぎてカロリーオーバーしてもよいということではありません(笑)

普段の食事のカロリーも気にしつつ、その食事内容にこれらの食材を意識的に取り入れてみることで気になる内臓脂肪を減らすことができるかもしれません。

 


コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ